高機能な蛇口の交換は水道工事会社が安全

蛇口は、水回りに欠かせない部分です。水道から水を引くときに、蛇口があって初めて使えるようになるでしょう。蛇口は強い圧力で送られてくる水の量を調整する大事な役割を持っています。蛇口ではなく、水を止める意味で水栓と呼ばれることもあり、とても大切な部材です。だからこそ、トラブルが起きたら大きな問題につながるでしょう。水漏れが起きた時には、新しい蛇口 交換を検討する必要があります。

■多機能な蛇口

現在の蛇口は、いろいろな機能が付いているものもあります。単純に水量をコントロールするための部材だけではなく、無駄を防ぎ少しの水でも有効に使えるように考えられてきたことが理由です。吐水角度のコントロールや、細かに泡が出るようにして水跳ねも防止できる製品が出てきています。節水を考えてすぐに止められる物や、ハンドルをなくしてタッチするだけで水が出るようなものまで販売されています。
水漏れなどでトラブルを抱えた時には、いっそ蛇口 交換を考えてみるのもいいでしょう。分配しないでも食洗器を取り付けられるものなどもあり、いろいろと拡張機能を持たせることもできます。浄水器を別付けするようなときでも、蛇口の交換を考えてみたほうがいいでしょう。

■自分で交換するリスク

蛇口は簡単な構造のものを初め複雑な造りになっているものなどさまざまな種類があります。簡単な構造であれば自分で修理できるのではないかと考える人も増えています。ホームセンターなどでも工具類が販売されているので、自分で修理することを考えてみたくなるという人もいるでしょう。ですが、実際問題として、水道工事業者に依頼したほうが確実で安全です。費用的にも安上がりになることも珍しくありません。
最近の蛇口に交換する場合、特殊な工具がなければ取り付けがうまくできません。六角ナットであったり、専用の締め付け工具が必要です。スパナを使うとしても、ナットのサイズに合わせる必要があります。狭い場所になると、モンキーレンチは入らないため、さまざまな工具をそろえる必要があります。こうした工具を購入して、うまく取り付けらず、失敗することもありえます。水はほんのわずかな隙間でも漏れてくるからです。問題を抱えながら取りつけるのであれば、交換自体を水道工事会社に依頼した方が安全で確実です。あとで失敗したと後悔しても、余計に費用も掛かってしまうこともあるのでよく検討しましょう。

■まとめ
多機能な蛇口は便利です。いろいろと使い道も広がるため、活用しやすくもなるでしょう。水漏れや耐用年数の問題が起きたときには、交換自体を検討してみるべきです。自分で交換するのは、工具をはじめいろいろとリスクがあるため、水道工事会社に希望を伝え、施工してもらうのが確実でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ