水道工事で給湯器の交換

普段の生活の中で、日常的にお風呂に入るという人が大多数でしょう。現在の給湯設備をみると、給湯器を使って供給する形式が増えました。給湯器にも耐用年数があり何年も使っていけば残念ながら寿命もやってきます。この耐用年数を迎えた時期よりトラブルが増えてくることが多い傾向です。修理をして使い続けることも良いのですが、思い切って給湯器 交換を考えなければいけないときといえるでしょう。

■耐用年数を見て交換も

給湯器は、水回りに使われる機材として、耐用年数はおよそ10年程度です。この時期を過ぎると、どんな給湯器も故障が増えてきます。経年劣化が起きやすい時期になるとメーカーが本体の生産をやめていることも多く、部品も在庫限りで手に入らなくなる時期です。小さな部品ひとつでも、見つけるのに驚くほど費用がかかるのも珍しくありません。単純な修理がびっくりするような金額になるのであれば、交換してしまったほうがいいでしょう。
経年劣化のトラブルは、1つ故障や問題が出れば、他の部分も連鎖して故障してしまう場合もあります。部品などは同じ時期に作られたものであり、故障が頻発するようになるとそのたびに修理費用が必要です。致命的な問題になる前に、水道工事会社に依頼して交換したほうが安全でしょう。

■現在の機種は省エネ仕様

給湯器を設置し10年近く使用し問題が頻発しているなら、交換のメリットはかなり大きなものになります。時代とともに給湯器が進化しており、燃焼効率もまったく異なる次元となっているからです。ランニングコストを見ても、年間でもかなりの差が出てきます。省エネという観点からも、無駄な消費をしないで済むでしょう。機能的にもどんどんと進化しています。操作パネルなど見た目の違いは出てきますが、自動でできる機能が増えており、効率的に使えます。故障も少なくなり、心配しながら使う必要もありません。
ライフスタイルの変化で家族が増えたときも、交換を考えたほうがいいでしょう。給湯器にはキャパがあり、あまりの高頻度や大量に使うと、対応しきれなくなるからです。機能を発揮させるという意味でも交換はお得です。

■まとめ
給湯器の存在は、現代の生活に欠かせないものになりました。電気やガスを使っている機材のため、故障のときは、安全性も考え早めに交換を考える方が確実です。現在の給湯器は機能的にも優れたものが多く、驚くような性能を持っています。シャワーが暖まりにくいと感じたときなども、機能的な問題から水道工事会社で交換を考えてみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ