トイレで水漏れなどトラブルが出たら水道工事で交換を

家庭の中にある水回りの設備の中で、もっとも水を使う設備がトイレです。大きな台風が来たときなど、災害の発生に備えて浴槽に水を張っておくのも大半はトイレの水に必要になることが大きな理由です。
人数の多い家庭になれば、実はトイレに使われている水道代も馬鹿にならない金額です。水漏れなど何か問題が生じたときには、水道工事会社で新しいものに交換してしまうことも選択肢になってきます。こうした状況をきっかけにして、新しいトイレの大きな節水効果を感じられるのではないでしょうか。

■構造が複雑だからこそ水漏れも心配

さまざまな配管がつながっているトイレは、水道 工事が必要な設備です。多数の配管があり、接続部分は水漏れが起きやすい場所になってきます。トイレのトラブルにもいろいろとあります。タンクへつながる給水からの水漏れや、床とのつなぎ目の排水の漏れまでさまざまな部分で発生することが特徴です。使用頻度が高い設備で、どうしても傷みも出ます。陶器であることから、物理的衝撃でひびが入ってしまうことが、水漏れにつながるケースもあります。
トイレも時間がたつにつれ、どんどんと老朽化していきます。配管のつなぎ目のパッキンにずれが生じると、交換しても漏れてきます。排水と便器のつなぎ目などは、パッキンの交換をするときに、便器を外さなければいけません。構造が複雑なことで大きな工事となってくるため、水道工事会社に依頼して交換してしまうきっかけとなることもあるでしょう。

■自分で交換するメリットは少ない

現在のトイレは機能もいろいろとありますが、自分で交換することは現実的ではありません。トイレの性格上、水漏れすれば大問題になってしまうからです。取り付けが甘くなり、使った汚水が流れる状況は、想像したくないもないでしょう。
便座の交換は難しくありませんが、便器まで交換すると、古いものの処分も困ります。廃棄処分ために運ぶ方法も考えなければいけません。水道工事会社であれば、すべて任すことができますし、仮に時間がかかる場合には、仮設トイレの手配も簡単です。使えないと困る設備のため、手早いからとリスクをかけず、確実に交換できる方法を取るべきでしょう。アフターフォローも受けられることを考えると、自分で交換する意味はほとんどなくなります。

■まとめ
トイレを交換して新しくすると、高い節水効果を感じるでしょう。10年以上たったものを交換すると、使用する水の差は驚くほどの差です。老朽化したと感じたときには、水道工事会社に依頼して見積もりをしてもらい検討してみるといいでしょう。掃除もかなり楽になってくるため、交換してよかったと感じるはずです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ